LiveAboards.com Logo
wolf island liveaboard

ガラパゴスでオオカミ島のダイブクルーズ体験

広大なガラパゴス諸島の奥深くに位置するウルフアイランドは、水中愛好家に比類のない体験を約束するダイビングの楽園です。素晴らしい海洋生物に囲まれながら紺碧の海の深みに飛び込むことを夢見たことがあるなら、ウルフ島のリブアボードがおすすめです。

ウルフアイランドでは、歴史、海洋生物多様性、ダイビングアドベンチャーが魅惑的に融合しています。ガラパゴスのこのダイビングヘイブンへのリブアボード旅行に乗船することは、一生大切な思い出になるはずです。ガラパゴス諸島、特にウルフ島へのダイビング旅行を計画する際は、強い流れを考慮に入れることを忘れないでください。ダイビングの経験があることをおすすめします。

ウルフ・アイランド・リブアボードについて

ウルフアイランドには無数のダイビングスポットがあり、それぞれユニークなサービスを提供しています。

ドイツの地質学者テオドール・ウルフにちなんで名付けられたウルフ島には、豊かな歴史があります。人間が住んでいないにもかかわらず、その遺産は、かつてガラパゴス海を歩き回った海賊、捕鯨船、探検家の物語と深く絡み合っています。この島は、主にダイビングの経験で知られていますが、何世紀にもわたる海の歴史を目の当たりにする静かな見張りとして立っています。

ウルフアイランドでダイビングすると、水中の壁、高原、そして最も興味深いのは、別の世界を探索する感覚を与える火山の水中風景があなたを迎えます。流れは難しいかもしれませんが、報酬をもたらします。豊富な栄養素が大量の海洋生物を引き付けるのです。

ウルフ島と ダーウィン島 /> の最も遠いダイビングスポットの2つです ガラパゴス諸島最寄りの港から約150キロメートル(約93マイル)離れた場所で発見されました。

ウルフアイランドリブアボードダイビングの主な魅力は、 エル・デルンベ. ダイバーの間では、多様で豊富な海洋野生生物で知られています。 さらに、El Derrumbeやその他の人気ダイビングスポットについて学びましょう。

エル・デルンベ: このサイトには、砂の底と岩の多い地形が混在しています。強い流れは遠洋の魚を引き寄せ、特に暖かい季節には、ダイバーがマンタエイを見つけるチャンスのあるスポットの1つです。

シャーク・ポイント: おそらくウルフアイランドで最も有名な場所であるシャークポイントでは、ダイバーはホタテザメの群れに出会うことができます。ハンマーヘッドと一緒に、イーグルエイ、ガラパゴスザメ、そして時折ジンベイザメを見ることも珍しくありません。このサイトの地形は、傾斜した壁と10〜40メートルの深さの高原を特徴としています。

ザ・ランドスライド: 名前が示すように、ザ・ランドスライドは海底の崩壊した地域であり、興味深い水中地形を作り出しています。この場所には、ハンマーヘッド、ガラパゴスザメ、赤唇のコウモリが頻繁に生息しています。流れが強いため、ランドスライドは経験豊富なダイバーに適しています。

ザ・ピナクル: この場所は、頂点に似た象徴的な水中岩層のために際立っています。この地層を取り巻く海は、海洋生物であふれています。ダイバーは、バラクーダ、ガラパゴスザメ、活気に満ちたサンゴの群れを見ることができます。潮流は厄介な場合があるため、ダイビングガイドの指示に常に注意してください。

アンカレッジ: 島に近いアンカレッジは、古い海賊船が停泊していた場所の近くに位置しているため、ユニークなダイビング体験を提供しています。砂の底があり、通常は20メートルほどの深さがあります。ここではイグアナが観察され、アシカが遊びに来ることも多く、写真家のお気に入りとなっています。

これらのダイビングサイトの水の状態は、流れのために困難になることがあります。これはしばしば、ウルフアイランドが中級から上級のダイバーに適していることを意味します。しかし、海兵隊との遭遇という点では、報酬は努力する価値があります。

また、可視性はさまざまであることも注目に値します。一部の日では30メートル以上伸びることがありますが、他の日ではわずかに小さくなることがあります。しかし、これらのバリエーションにかかわらず、ウルフ島のダイビングスポット周辺の海洋生物の豊富さと多様性は、忘れられないダイビング体験を保証します。

海洋生物といえば、ウルフアイランドは決して失望させません。広大なハンマーヘッドシャークの群れが生息しており、多くのダイバーが畏敬の念を抱いています。それだけでなく、幸運な日には、水中を優雅にクルージングしている、とらえどころのないジンベイザメを見つけることさえできるかもしれません。さらに、ガラパゴスのサメ、マンタ、イルカ、そしてまばゆいばかりの熱帯魚の魅力的な組み合わせで、真に世界クラスのダイビング体験をお楽しみいただけます。

ウルフアイランドのリブアボードの水温は、季節によって異なる場合があります。平均して摂氏21度から25度の間を移動するため、適切なウェットスーツを着て準備することが不可欠です。ダイビングサイトの深さは、初心者のための浅瀬から経験豊富なダイバーのための挑戦的な深さまでさまざまです。

ウルフアイランドに行くのはいつですか?

ウルフ島を訪れるのに最適な時期について考えているなら、ダーウィン島と同じだと簡単に言えるので、6月から11月の間の月を考慮する必要があります。ガルアの季節として知られるこの時期は、より涼しい海を提供し、壮大なジンベエザメを見つける可能性が高くなります。しかし、季節ごとにユニークな海の出会いがあり、ウルフ島は年間を通してダイビングの目的地となっています。

6月から11月にかけて、涼しい水温はハンマーヘッドシャークやジンベイザメをたくさん引き寄せ、これらの雄大な生き物を間近で目撃したい人に最適な時期です。

しかし、12月から5月にかけては、より澄んだ海、より穏やかな海、より暖かい気温を誇り、ダイビングをより快適にし、視界を最適にします。

旅行者へのヒント

強い電流ダイビングに精通していることを確認してください。その場所のために、ウルフ島はしばしば最も経験豊富なダイバーでさえ挑戦することができる強い流れを経験します。

電流が困難であることが証明されているため、バディシステムはこれまで以上に重要です。一人で冒険しないで、ブリーフィングを聞いて、あなたのダイビングガイドに従ってください。

ガラパゴス諸島では、インターネット接続や携帯電話の接続範囲が限られているため、数日間連続して切断される可能性があります。

ウルフアイランドのリブアボードでは、水の状態が厳しい場合があります。特に気をつけてください。

目的地と出発地への行き方は?

すべての海外旅行者は、最初にエクアドル本土、通常はキトやグアヤキルなどの都市に上陸します。ここから、ガラパゴスへの国内線に乗ることができます。ガラパゴスには、バルトラ島のシーモア空港とサンクリストバル島のサンクリストバル空港の2つの主要空港があります。ほとんどのライブアボードオペレーターは、出発地に基づいて飛行機でどの空港に行くかを指定します。

有効なパスポートを所持していることを確認してください。一部の国では特定のビザ要件が設定されている場合がありますが、ほとんどの観光客はビザなしで最大90日間エクアドルに滞在できます。

ガラパゴス諸島へのフライトに搭乗する前に、島への訪問者数の規制と記録に役立つトランジットコントロールカード( TCC )を購入する必要があります。少額の手数料で、復路で必要となるため、このカードを安全に保つことが不可欠です。

ダイブクルーズアドベンチャーに欠かせない旅行のヒント

  1. 海洋公園料金: 1人あたり、1日あたりの海洋公園料金に注意してください。一部のリブアボードパッケージにはこれらの手数料が含まれていますが、船上での支払いが必要なものもあります。お支払い方法には、Visa、Mastercard、現金、トラベラーズチェックなどがあります。
  2. パスポートの有効期限:パスポートが入国予定日から少なくとも6か月間有効であることを確認してください。ほとんどの国では、往復航空券と一緒にこれを必要としています。ビザの要件を事前に確認してください。
  3. 健康上の準備:旅行の8週間前に、目的地で推奨される予防接種や予防措置について医師に相談してください。

注:追加の海洋公園料金や旅行要件については、選択したリブアボードの特定の利用規約を確認してください。

24時間年中無休でサポートいたします

専門の旅行コンサルタントに連絡して、次の旅行を計画しましょう。
Callback Request: Fill the form to request a callback from LiveAboard.com
コールバック
電話する
Email Us: Contact LiveAboard.com via Email
メールでお問いあわせ
メッセージを送信
24時間年中無休でサポートいたします
専門の旅行コンサルタントに連絡して、次の旅行を計画しましょう。
Callback Request: Fill the form to request a callback from LiveAboard.com
コールバック
電話する
Email Us: Contact LiveAboard.com via Email
メールでお問いあわせ
メッセージを送信
An unhandled error has occurred. Reload 🗙